AI開発始めるなら

近年、AI人工知能によるさまざまな問題解決が注目を浴びています。
AIがブームになっているといってもAI自体の歴史は長くすでに50年以上の研究・開発がなされている分野です。

現在ではAIとは言えば、基本的にディープラーニング機械学習のことを指し、 画像認識顔認証テキストマイニング音声認識、といったさまざまな応用範囲を含んでいます。

バイラルワークスでは、Google Brain Team開発の人工知能エンジンTensorflow(テンソルフロー)をベースとしたディープラーニングモデルを多く開発しています。 培ったノウハウを生かし、柔軟なソリューションをご提案します。

開発事例

鉄道会社様

beatbrain

実際に電車を利用している人々の行動を元にテキストマイニングを行い、混雑状態を予測・解析、リアルタイムに人の流れの分析を行いました。お客様の口コミ、運行図・路線図といったデータを組み合わせ、AIにより有益な情報を抽出するシステムです。

地方自治体(市町村)様

各種アプリケーション

クライアント様のすでにお持ちだった100以上にわたる観光スポットの移動情報をデータベース化・正規化。AIを利用して最適な観光ルートを提案を行います。

音声作成サイト

beatbrain

あらかじめ作成された音声情報を認識・合成、著作権フリーの全く新しいサウンド素材を作り出すシステムです。

バイラルワークスならではの強み

柔軟なAI設計

AIで解決すべき問題、は多岐に渡ります。テキスト分析・画像解析・音声解析といった比較的ポピュラーなものから、 商品の仕分け、ユーザ〜マッチング様々なユースケースに柔軟な設計で答えます。
フレキシブルなサーバ設計

AI開発でネックとなりがちな計算量。 バイラルワークスではシンプルな1CPU・サーバでのコンパクトな設計から GPUコンピューティングを利用した並列処理まで、対応可能です。 またAmazon AWSの導入など、計算量に合わせてフレキシブルな対応が可能なシステムをご提案します。 これにより、サービスの規模に合わせたスマートな運用コストの実現が可能になります。
スマホアプリとの連携

Android/iPhone問わず様々なスマホアプリを開発しているバイラルワークスなら、スマホを活用したエンドユーザーへのアプローチも自由自在。 様々なAR,VRシステムとの組み合わせ、多国籍対応のインバウンド施策・ゲーム、可能性は無限大です。

開発の流れ

Step1:ヒアリング&企画

ご希望の問題に、AI・人工知能がどのように適応できるかのヒアリングを行います。 お客様のご要望をもとに、アプリやサーバサイドの設計に最適な組み合わせをご提案し、 選択してまいります。
Step2:機能・仕様の決定&モデル作成スタート

ヒアリングを通じて機能・仕様を決定したのち、AIシステムの中核となる「モデル」の作成を行います。 このモデルがどれだけ問題解決に適切かどうかを検証しつつ、AIを実装していきます。
Step3:テスト、ブラッシュアップ&リリース

リリース前に各機能のテストとQ&A(品質保証)を行います。 正確にご希望の動作、機能、目的を満たしているかどうかを検討し、各昨日のブラッシュアップを行い、改善を施します。 その後、アプリであればストア等にシステムであればサーバ上にリリースを行います。
Step4:運用保守&効果測定

公開後の保守・運営や、効果測定のコンサルティングを行います。 AIモデルのブラッシュアップなども必要に応じて対応して参ります。